私が自身の薄毛について感じている事

私は10代の頃より、他の方よりも髪の毛の抜ける量が多いのではないかと悩んでいます。
医師による診断等を受けた事がないので、遺伝によるものなのか生活習慣によるものなのかはよく解りませんが、
毎日お風呂に入った時にものすごい数の毛が抜けてしまいます。
もちろん毎日洗髪をして清潔な状態を保っているとは思いますので、不衛生が原因ではないような気もしますが、
極度のストレスを感じたりする事もなくこれまでこれといった対処をする事無く30代後半を迎えました。
最近は以前よりも気になりだし、洗髪の際には市販の薬用シャンプーを使用するようにしています。
薄毛と共にフケも気になっていたのですが、薬用シャンプーを使用する事にし体感ではありますが、
どちらも以前よりは改善できているような気がします。
私と同じように薄毛でお悩みの方は大勢いらっしゃると思いますが、改善には時間もかかりますし手遅れになってから行動するのでは遅いと思います。
少しでも気になる様なら手軽にできる事からでいいと思いますので、すぐにでも自分にできる範囲で最良だと思うお手入れをしてみて下さい。
それにより少しでも効果があればとても嬉しく思えるはずです。
自分も頑張りたいと思いますので、皆さんも頑張って下さい。

薄毛の原因であるAGAとは一体どんな現象?

テレビのCMなどで放送されていましたので、以前よりはメジャーになってきたAGAは、現在では一般にも薄毛は治療できるという認識も広がってきています。

AGAとは男性型脱毛症の略称で、成人男性によくみられる症状である頭頂部や前頭部(生え際周辺)の髪が薄くなる現象です。早い人になると思春期を過ぎた頃から症状がみられることもあります。

AGAはそのまま放置していると少しづつ進行していきますが、髪が少しづつ細くなっていくうえヘアサイクルがおかしくなっているので、髪が十分に成長しきれないうちに髪が抜けてしまうというサイクルを繰り返しているうちに、髪がますます細く短くなっていったのち髪が生えなくなっていきます。

AGAの原因として言われているのが、男性ホルモンが多すぎることが要員とされていますので、男性ホルモンを抑える治療や、髪の育成に必要な毛細血管への血流促進を促すなどの治療が必要になります。

これらの治療はドラッグストアで販売されている育毛剤でもできますが、最も効果的といわれているのは皮膚科や美容系の医院などでの処方薬であるプロペシアなどの飲み薬で、現在では個人輸入でも入手することが可能ですが、なかには粗悪なものもありますので、処方薬は一番安心して使用できます。

AGAの悩みはクリニックで解決

髪の毛が抜けてくる悩みを抱えている人は多いものです。特に、近年では男性型脱毛症、AGAと呼ばれる症状に悩まされる人が増えてきました。市販されている育毛剤などで対処をしている人もいますが、最も適切な方法としては、クリニックに通う方法を挙げることができます。クリニックの中には、AGAを専門に取り扱う専門外来を用意しているところもあります。専門外来であれば、他の患者さんの目を気にする必要もないため、安心して通うことができます。ちなみにAGA検査皮膚科よりも専門外来の方がいいみたいですね。

男性型脱毛症の症状は、放っておくと進行する一方になってしまいます。髪の毛が抜けてきたことに気づいたら、早めにクリニックを受診しなければなりません。専門外来では、きちんとした診断を行って、本当にAGAの症状なのか、それとも別の症状なのかを判断しています。AGAでない脱毛の場合は、違う処置をしなければならないため、安易にAGAだと決めつけてしまうのは禁物なのです。

クリニックでは、丁寧なカウンセリングを行っているので、いつから脱毛に悩まされているのか、抜け毛の進行が早いのか、といった点を相談することが大切です。1人1人の症状に合わせて、治療の進め方も変えていく必要があるため、カウンセリングは重要な意味を持っています。

 

髪の毛をセットしすぎると薄毛になりやすい?

私は薄毛ではないのですが、薄毛をちょっと気にしたことが以前あります。というのも、大学生くらいのときに髪型を毎朝セットして大学に通っていたのですが、そのときには毎日多くのワックスを使って、その後に風が吹いても上方が崩れないためにスプレーでかなり固めていました。そのおかげで髪型自体はそれなりのものをキープできていたように思います。ただ、家に帰ってきて、夜お風呂に入ると、当然髪の毛を洗いますよね。そのときにかなり固まっているので、それを元通りに柔らかくするためには、かなり丁寧に時間をかけて洗って、ワックスやスプレーの成分を流さないといけません。しかし、満足できるくらいに洗い流すと、抜け毛がかなり増えている気がしたのです。実際、薄毛になることはなかったのですが、そのときには髪の毛が抜ける恐怖にちょっとだけ陥ってしまって、髪の毛をセットすることをあまりしなくなりました。今でも基本的に整髪量のようなものは使用していないです。後から調べてみると、やはりワックス等で固めた髪の毛というのは、髪の毛を洗うときには抜けやすいらしいのです。したがって、いつもそういう髪型にセットしている方は、是非抜け毛、薄毛に注意してほしいと思います。

薄い人には冬は辛い季節です

うちの父は、髪が薄いです。
つるつるというほどではないのですが、50歳を超えた頃から薄毛が目立つようになり、前頭部は地肌が見えるくらいに薄くなり、後ろも最近では少なくなってきた感じがします。
家系的にも薄い人が多いので、将来的に自分も薄くなるんだろうなと思っていたようですが、実際にそうなってみるとやはり気になるようです。
薄毛は遺伝的要素だけではなく、生活習慣などで少しでも改善されることがあるそうで、本人もお酒は滅多に飲まないようにして、食生活も肉が好きな人だったのに野菜を多めにして、バランスよく食べるように心がけているようです。
また血流を良くするといいということで週に何度かウォーキングをしているのですが、冬は頭が寒いそうです。
確かに髪の毛があっても冬は寒いのに、地肌がむき出しになると寒さももっと感じるに違いありません。
だから今年は父のために、毛糸で帽子を編んでプレゼントしました。
紺色のシンプルなものですが、温かいといって喜んで使ってくれています。
帽子を被ることで蒸れるのも頭皮に悪影響かと思うのですが、寒いよりはましなのだそうです。
それを聞いて、今度は単純に薄毛隠しと防寒だけのためではなく、もう少しオシャレな帽子に挑戦してプレゼントしようかと思います。

生活習慣を見直すことで脱毛に対処する

薄毛・脱毛の原因には、多くのことが考えられています。遺伝が大きく関わっている場合もあれば、仕事などで受けるストレスが原因となっている場合もあります。このような原因の脱毛は、気をつけていても防ぐことは難しいものです。しかし、生活習慣が原因となっている脱毛の場合は、規則正しい生活リズムを作るように心がけることで、改善させることも可能です。

髪の毛が薄くなったと感じたら、早めに医療機関を訪れることが大切です。どのような原因で髪の毛が抜けてしまったのかは、自分で正確に判断することができません。医療機関での検査を受けることが必須なのです。医療機関では、男性型脱毛症・AGAなどの治療を手がけていて、検査の精度も高まっています。AGAだと診断された場合は、AGAに特化した治療を受けるようにしなければなりません。また、AGAではなかった場合は、生活習慣の見直しを図るようにします。

生活習慣を見直すに当たっても、どの部分に気をつけるべきかは、素人には分かりにくいものです。専門の医師とのカウンセリングをきちんと行って、自分の生活習慣の中で問題のある部分を見つけ出す必要があります。脱毛に対処するためには、相当な時間がかかるので、根気強く取り組まなければなりません。

薄毛の対策は早めに開始することが重要です

髪の毛が薄くなってきたら、できるだけ早く対策を立てなければなりません。たいていの場合、自然に薄毛が治ってくることはなく、次第に進行してしまうものです。近年では、さまざまな育毛剤・発毛剤が市販されていて、薄毛に悩まされている人の多くが使用しているのですが、市販されている商品だけで対処するのは難しいものです。脱毛に関する治療を行っているクリニックに通うことが、最も正しい対処方法なのです。

特に、男性型脱毛症・AGAという症状の脱毛については、特別な治療方法が開発されているので、クリニックを受診することで治りが早くなります。男性型脱毛症は、早めに対処するようにしていないと、なかなか改善させることができなくなってしまう厄介な症状です。男性型脱毛症に対処するため、クリニックではAGA専門外来を設けているところがあります。薄毛が気になっていても、医療機関を訪れるのは恥ずかしいと思っている人は多いですが、AGA専門外来なら、脱毛に悩まされている患者ばかりが訪れているため、気軽に受診することができます。

AGA専門外来を受診する場合は、カウンセリングが充実しているクリニックを探すことが大切です。早期に症状を改善させるには、医師としっかりと話をして、適切な治療方針を立てることが必要なのです。