薄い人には冬は辛い季節です

うちの父は、髪が薄いです。
つるつるというほどではないのですが、50歳を超えた頃から薄毛が目立つようになり、前頭部は地肌が見えるくらいに薄くなり、後ろも最近では少なくなってきた感じがします。
家系的にも薄い人が多いので、将来的に自分も薄くなるんだろうなと思っていたようですが、実際にそうなってみるとやはり気になるようです。
薄毛は遺伝的要素だけではなく、生活習慣などで少しでも改善されることがあるそうで、本人もお酒は滅多に飲まないようにして、食生活も肉が好きな人だったのに野菜を多めにして、バランスよく食べるように心がけているようです。
また血流を良くするといいということで週に何度かウォーキングをしているのですが、冬は頭が寒いそうです。
確かに髪の毛があっても冬は寒いのに、地肌がむき出しになると寒さももっと感じるに違いありません。
だから今年は父のために、毛糸で帽子を編んでプレゼントしました。
紺色のシンプルなものですが、温かいといって喜んで使ってくれています。
帽子を被ることで蒸れるのも頭皮に悪影響かと思うのですが、寒いよりはましなのだそうです。
それを聞いて、今度は単純に薄毛隠しと防寒だけのためではなく、もう少しオシャレな帽子に挑戦してプレゼントしようかと思います。

Comments are closed.