薄毛の原因であるAGAとは一体どんな現象?

テレビのCMなどで放送されていましたので、以前よりはメジャーになってきたAGAは、現在では一般にも薄毛は治療できるという認識も広がってきています。

AGAとは男性型脱毛症の略称で、成人男性によくみられる症状である頭頂部や前頭部(生え際周辺)の髪が薄くなる現象です。早い人になると思春期を過ぎた頃から症状がみられることもあります。

AGAはそのまま放置していると少しづつ進行していきますが、髪が少しづつ細くなっていくうえヘアサイクルがおかしくなっているので、髪が十分に成長しきれないうちに髪が抜けてしまうというサイクルを繰り返しているうちに、髪がますます細く短くなっていったのち髪が生えなくなっていきます。

AGAの原因として言われているのが、男性ホルモンが多すぎることが要員とされていますので、男性ホルモンを抑える治療や、髪の育成に必要な毛細血管への血流促進を促すなどの治療が必要になります。

これらの治療はドラッグストアで販売されている育毛剤でもできますが、最も効果的といわれているのは皮膚科や美容系の医院などでの処方薬であるプロペシアなどの飲み薬で、現在では個人輸入でも入手することが可能ですが、なかには粗悪なものもありますので、処方薬は一番安心して使用できます。

Comments are closed.